×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 

日経連(日本経営者団体連盟)

戦前の「日本工業倶楽部」ここは、三井、三菱、古河、渋沢といつた在京財閥の中枢が極秘の会合を持ち労務対策などの謀略の場も兼ねていた、工業倶楽部は東京駅前(丸の内側)の建物ともども現在するが敗戦による財閥解体とともに、その中身は雲散露消してしまい、いまは、社交クラブ的存在になっている。
だが、ここの人脈が、個人的には1946.S21.4月設立の「経済同友会」、法人的には1946.S21.8月に発足した「社団法人・経済団体連合会(経団連)」、そして労務部門が1948.S23.4月設立の「日本経営者団体連盟(日経連)」へと受けつがれた。これと、日本工業倶楽部(財閥系中心)と並行していた中小企業主体の「日本商工会議所」が現在の「経済四団体」と呼ばれている。

日経連と略称される。経済四団体(経団連、日経連、日商、同友会)の中にあって、労働・労務問題を専管している、労働組合に対応する経営者団体の全国組織である。1947年(昭和22)、関東経営者協会を中心として経営者団体連合会が結成され、翌48年4月の改組によって日経連となった。創立当初は代表常任理事制をとっていたが、74年5月から会長制となった。


1

諸井貫一 もろいかんいち 1948.34
1968.4

2

三鬼隆 みきたかし 1949.4
1952.4

3

加藤正人 かとうまさと 1949.4
1963.8

4

桜田武 さくらだたけし 1960.4
1979.5

5

大槻文平 おおつきぶんぺい 1979.5
1987.5

6

鈴木永二 すずきえいじ 1987.5
1991.5

7

永野健 ながのたけし 1991.5
1995.5

8

根本二郎 ねもとじろう 1995.5
1999.5

9

奥田碩 おくだひろし 1999.5
2002.5

1974.5までは代表常任理事と呼称。その後は会長

 

[トップページに戻る]