×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
  初代日本銀行総裁  
  吉原重俊[よしはらしげとし]  
 

(1845〜1887.M20.12)

 
  弘化2年(1845年)に薩摩藩士の子として生まれた。慶應2年(1866年)に藩から選ばれて米英両国に留学。留学中の明治5年に外務省書記官となり、在米日本大使館に勤務しますが、その後大蔵省に転じて大蔵卿・松方正義の下で活躍。明治13年に大蔵少輔(次官)となり、在任中の明治15年に日本銀行創立事務委員に任命され、日本銀行設立とともに初代総裁に就任。明治20年12月、総裁の現職のまま死去。43歳。  
  参考文献検索  

[トップページに戻る]