×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
  アスキー創業者  
  西和彦[にしかずひこ]  
  (1956〜)  
   
  神戸出身で学校を経営する一家に生まれた。東京大学入学を目指すも、浪人する。再度東京大学に挑戦するも失敗し早稲田大学理工学部へ入学する。大学時代に友人らとアスキーを設立、出版事業をマンションの一室で開始する。出版事業を行う傍ら、アメリカへ行きビル・ゲイツと会う。二人は意気投合して、西氏はマイクロソフトの副社長に就任。そしてASCIIが極東地域のマイクロソフトの総代理店になる。しかし、ビル・ゲイツはASCIIの社員を引抜いてマイクロソフトの日本法人を設立してしまう。西氏とビル・ゲイツ氏はしばらく断絶状態であったが、現在ではその関係は従来通りに戻っている。しかし、業績は伸び悩んで行く、CSKの資本参加や、メインバンクである興銀からの役員の受け入れと何度も経営再建策を立てたものの西氏のワンマン経営によってことごとく失敗。しかしパソコン文化を日本に持ち込んだ人物であり、その功績は確実に歴史に刻まれている。  
  参考文献検索  

[トップページに戻る]