×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
  パソナグループ代表  
  南部靖之[なんぶやすゆき]  
  (1952〜)  
 

1952年、3人兄弟の末っ子として神戸で生まれる。1971年関西大学工学部在学中、仲間と共に情操教育を目的とした塾「大阪YBS」を設立。1976年大学卒業の1ヶ月前に10坪の貸ビルの一室を借り人材派遣会社「テンポラリーセンター」設立。オイルショック直後で各社とも経営縮小を余儀なくされ、派遣ビジネスは歓迎され、事業は急速に成長していった。1987年からはパソナの国際戦略を念頭に入れ家族と共に米国コネチカットに移住。1991年子供を持つ働く女性の為の保育サービス「チャイルドケアインターナショナル」をスタート。1993年1月にテンポラリーグループのC.E.O.(最高経営責任者)に就任。同年6月、社名とグループ名を「パソナ」に変更。1995年度財界経営者賞を受賞。

 
  参考文献検索  

[トップページに戻る]