×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
  オンコセラピー・サイエンス  
  冨田憲介[とみたけんすけ]  
 

(1953〜)

 
 

1949(昭和24)年1月08日生まれ。1974(昭和49)年4月東京大学薬学部を卒業して三共鞄社。1987(昭和62)年7月日本イーライリリー鞄社。1989(平成1)年7月ローラージャパン鞄社。1991(平成3)年10月泣Cー・シー・エス設立、代表取締役社長。11月サンド薬品鞄社。1992(平成4)年8月ローヌ・プーランローラーインク入社。12月ローヌ・プーランローラー(現アベンティスファーマ鞄社。1995(平成7)年4月アールピーアールジェンセル鞄社、代表取締役社長。

2000(平成12)年6月大阪大学発のバイオベンチャー企業で初の東証マザーズ上場を果たしたアンジェスエムジー椛纒\取締役社長就任。2001(平成13)年4月取締役会長。

アンジェスエムジーを軌道に乗せた後、東大の中村教授と出会い、「がんとの戦いに勝つ」との使命に共鳴し、2002(平成14)年5月オンコセラピー・サイエンス入社。2003(平成15)年4月代表取締役社長就任。2003(平成15)年12月8日東証マザーズに上場。アンジェスエムジー、トランスジェニック、メディネット、メディビックに続く5番目のゲノムベンチャーとなる。

オンコセラピー・サイエンスは、2001(平成13)年4月6日中村祐輔教授・東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長の研究成果の事業化を目的に設立された大学発ベンチャー。東京大学医科学研究所との共同研究である「癌関連遺伝子の網羅的解析」を基に、ほぼ全ての癌を対象にその関連する遺伝子の探索研究を行っており、製薬会社等と提携して、癌関連遺伝子の情報提供やワクチン等医薬品候補物質を提供、契約一時金、研究協力金、マイルストーン等が収入。主な提携先としては、三共、塩野義製薬、エーザイ、医学生物学研究所等がある。中村教授は同社の非常勤取締役に就任しており、その他に東京大学の研究者7名が同社顧問に就いている。

(2004/2/17)

 
  参考文献検索  

[トップページに戻る]