×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
  サイトサポート・インスティテュート  
  尾芝一郎[おしばいちろう]  
 

(1953〜)

 
 

1955(昭和30)年11月22日生まれ。1979(昭和54)年京都大学農学部農芸化学科卒業。4月テルモ鞄社。1985(昭和60)年12月フィブロ鞄社。

1989(平成1)年9月プロクター・アンド・ギャンブルファーイーストインク(P&GFE)社入社、OTC(一般用医薬品)の薬事を担当。1991(平成3)年9月同社テクニカルマネジャー、ClinicalDevelopmentSectionでOTCの臨床試験を担当。1994(平成6)年10月同社オーラルケアー部門渉外マネジャー、口腔内製品開発に携わる。1996(平成8)年1996年12月プロクター・アンド・ギャンブル・ファーマシューティカルズに移動、医療用医薬品の開発・ライセンシングを担当。2001(平成13)年2月プロクター・アンド・ギャンブルファーイーストインク社退社。

3月サイトサポート・インスティテュート椛纒\取締役社長就任。2003(平成15)年12月18日東証マザーズに上場。

サイトサポート・インスティテュートは、1999(平成11)年4月2日医療関連システムの開発、並びに医療・介護コンサルティングを手掛ける会社メディケアシステム(代表取締役・井塚裕明)として発足、井塚氏の友人である中村和男氏(CRO(開発業務受託機関)大手のシミックの創業者)が出資し、実質的なオーナーとなる。2000(平成12)年5月に医療機関に対する支援業務の一つとしてSMO(治験施設支援機関)事業に参入。2001(平成13)年3月SMOへの業態転換で事業拡大を図り、井塚氏は社長の座を尾芝氏に譲り、経営からは一切退いた。それと同時に、会社の商号をサイトサポート・インスティテュート鰍ニ変更、SMO事業に特化した会社として再スタートを切る。

同社は、医療用医薬品の治験に際して病院・患者サイドからサポートする業務・SMO(SiteManagementOrganization;治験施設支援機関)を営む。医療機関が製薬企業から委託を受けて治験を実施する際に、SMOは医療機関から業務の一部を受託・代行する。

(2004/2/17)

 
  参考文献検索  

[トップページに戻る]