×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
  メディビック  
  橋本康弘[はしもとやすひろ]  
 

(1956〜)

 
 

1956(昭和31)年3月1日生まれ。大阪大学医学部卒業。1983(昭和58)年7月米ハーバード大学医学部研究員。1986(昭和61)年7月米ペンシルバニア大学医学病理学部助教授、準教授として研究室を運営。1992(平成4)年5月日本シンテックス(現中外製薬)免疫研究所所長。1993(平成5)年4月東北大学加齢医学研究所客員講師筑波大学客員教授。1995(平成7)年7月ロシュバイオサイエンス・バイオテクノロジー部部長(カリフォルニア州)。1997(平成9)年1月日本グラクソ(現グラクソ・スミスクライン)筑波研究所分子生物研究部部長。2000(平成12)年1月北海道大学先端科学技術共同研究センター客員教授。

2000(平成12)年2月17日株式会社メディバンクを東京都品川区東五反田に設立し代表取締役社長、大手製薬企業を主要顧客としたコンサルティング事業を開始。9月株式会社メディビックに商号変更。2002(平成14)年4月潟Wェネティックラボ非常勤取締役。2003(平成15)年9月18日東京証券取引所マザーズに上場。

ゲノム創薬に関するコンサルティングや遺伝子解析に用いる情報処理システムの開発・販売、データの受託解析。欧米で医学教育を受け外資系企業での経験を持つ新薬開発のプロで役員以下を固め、コンサルティングとインフォマティクスが主な事業だが、特に新薬開発で膨大なデータ処理に必要な情報システムを提供するインフォマティクスが我々の主要ビジネスになっている。

(2004/2/17)

 
  参考文献検索  

[トップページに戻る]