×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
  森コンツェルン創始者  
  森矗昶[もりのぶてる]  
  (1884〜1941)  
  1884(明治17)年10月21日、千葉県清海村守谷(現勝浦市)で生まれる。立志の動機はすべての電気化学製品の国産化。硫安やアルミニウムの生産を日本の原料で、日本の技術で、日本人の手で実現することだった。森(昭電)コンツェルンは国産アルミニウムの生産に成功した日本沃度(ようど・1934年日本電気工業に改称)と合成アンモニアの国産化に成功した昭和肥料の2社が中心になって組織した電気化学・冶金(やきん)工業中心の一大コンツェルン。1939年、昭和肥料、日本電気工業が合併し昭和電工に。社長に就任。1940年、日本肥料理事長に就任。昭和電工社長を辞任。1941年3月1日、肺病で死去。享年56。  
  参考文献検索  

[トップページに戻る]