×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
  真珠王・御木本真珠創業者  
  御木本幸吉[みきもとこうきち]  
  (1858〜1954)  
  三重県鳥羽市のうどん屋の長男として生まれる。わかいころから商才を発揮し、天然真珠の売買ののち乱獲で絶滅が心配されたアコヤガイ(真珠貝)の養殖をはじめ、さらに真珠養殖にものりだした。1893年(明治26)5粒の半円真珠をつくり、1905年には天然とかわらない真円真珠の養殖に成功。その後、海外にも養殖真珠を紹介・販売してミキモト・パールの名をひろめ、真珠王とよばれた。  
  参考文献検索  

[トップページに戻る]