×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
 

第27代日本銀行総裁

 
  松下康雄[まつしたやすお]  
  (1926〜)  
 

1926年1月1日兵庫県神戸市出身。1950(昭和25)年入省銀行局、1952(昭和27)年フルブライト留学生、1953(昭和28)年銀行局金融制度調査部、1955(昭和30)年笠岡税務署長、1956(昭和31)年泉大津税務署長、1957(昭和32)年国税庁査察課長補佐、1959(昭和34)年主税局調査課課長補佐、1962(昭和37)年大臣官房文書課課長補佐、1964(昭和39)年主計官補佐、1966(昭和41)年大臣官房秘書官事務取扱、1967(昭和42)年大臣官房秘書官、1968(昭和43)年主計官、1971(昭和46)年銀行局銀行課長、1972(昭和47)年大臣官房秘書課長、1974(昭和49)年近畿財務局長、1975(昭和50)年主計局次長、1978(昭和53)年大蔵大臣官房長、1980(昭和55)年主計局長、1982(昭和57)年事務次官、1986(昭和61)年太陽神戸銀行取締役就任、1987(昭和62)年太陽神戸銀行頭取就任、1990(平成2)年太陽神戸三井銀行会長就任、1992(平成4)年さくら銀行会長就任、1994(平成6)年さくら銀行相談役、1994(平成6)年12月17日第27代日銀総裁就任。

1998(平成10)3年20日、日銀接待汚職の責任を取り辞任、日本興業銀行と三和銀行接待を受けて金融政策の情報を漏らしたとして、日銀営業局証券課長・吉沢保幸容疑者を収賄容疑で逮捕した。汚職事件での日銀職員逮捕は開業以来初めて。

 
  参考文献検索  

[トップページに戻る]