×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
  日本のビール王  
  馬越恭平[まごしきょうへい]  
  (1844〜1933)  
  岡山県井原市出身。医者の子として生まれる。井上馨の先収社に入るが解散後、故郷に帰る。再び上京、三井物産に入る。明治25年破産寸前にあった日本麦酒(エビスビール)の再建をに着手。わが国で初めて銀座にビアホールを開くなど奇抜なアイデア、PRの天才だった。明治39年日本麦酒・札幌麦酒・大阪麦酒の大合同が実現、大日本麦酒鰍ェ誕生、新社長となる。その他、帝国銀行頭取など、数十種の役職団体に関係し、我が国経済界で重きをなす。  
  参考文献検索  

[トップページに戻る]