×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
  ジャストシステム社長  
  浮川和宣[うきかわかずよし]  
  (1949〜)  
  浮川夫妻がジャストシステムを起こした。浮川初子氏(ジャストシステム専務 社長夫人)の母が建設会社へのオフコンの納入を紹介された事がジャストシステム初めての仕事だった。展示会で出品した日本語変換ソフトウェアをNECの技術者の目に留まり。NECからワープロソフトの開発を受注、後に「一太郎」として日本全国を席捲する。 1949年(昭和24年)5月5日、愛媛県新居浜市生まれ。1973年(昭和48年)3月、愛媛大学工学部電気工学科卒業。4月、西芝電機株式会社入社。1979年(昭和54年)7月、ジャストシステム創業、徳島にてオフィスコンピュータ・システムの販売会社をはじめる。1981年(昭和56年)6月 株式会社ジャストシステム設立。1982年(昭和57年)3月、パソコン用日本語処理システムの研究開発を始める。1983年(昭和58年)10月、NEC PC-100用標準搭載ワープロソフト「JS-WORD」を開発、発売開始。1985年(昭和60年)8月、ワープロソフト「一太郎」を開発、発売開始。ベストセラーとなる。  
  参考文献検索  

[トップページに戻る]