×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
  プラザクリエイト社長  
  大島康広[おおしまやすひろ]  
  (1963〜)  
 

1963(S38)年、愛知県名古屋市のお寺の長男として生まれる。中学2年の時『カメラマン』という月刊誌の創刊記念フォトコンテストに応募して、約1万点の作品の中から最優秀賞を受賞。1984(S59)年、大の写真好きが興じて、愛知学院大学法学部在学中に、記念写真撮影・学校アルバム製作を請け負う「中部写真」を設立。1985(S60)、大学を中退し、社長業に専念する。

1986(S61)年、DPEショップ「フジカラープラザ1号店」を名古屋市オープン。翌年からフランチャイズ事業を展開。

1988(S63)年、潟vラザクリエイトを設立。1993(H5)年、ニュービジネス協議会よりアントレプレナー賞を受賞。1994(H6)年、日経ベンチャーのベンチャー・オブ・ザ・イヤー青年経営者賞受賞。12月、英国北アイルランド工業開発庁主催の「ワールド・ヤング・ビジネス・アチーバー賞」を受賞。1995(H7)年には画像圧縮と処理技術のデファクトスタンダードを持つアメリカのゾーラン社に投資。1996(H8)年7月、弱冠32歳という若さで株式の店頭公開を実現。9月、プラザクリエイトリース叶ン立。カメラメーカーのビビターグループを買収。12月には、米国ピクチャービジョン・インク社との合併で、インターネット上での画像の保存、閲覧、通信、加工を手がける『フォトネットジャパン梶xを設立。

1997(H9)年11月、オリエンタル写真工業の再建に着手。1999(H11)年1月、パレットプラザ1000号店達成。

 
  参考文献検索  

[トップページに戻る]