×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
  クラボウ(倉敷紡績)、クラレ、中国銀行、中国電力  
  大原孫三郎[おおはらまごさぶろう]  
  (1880〜1943)  
  岡山県窪屋郡倉敷村(現、倉敷市)の大地主の息子として生まれ早稲田大学に進学。20歳の時、岡山孤児院経営者、石井十次のキリスト教人道主義に感銘をうける。大正15年倉敷紡績を設立。そして クラレ、さらには中国銀行、中国電力など岡山を代表する企業を次々と起こす。私財を投じて大原社会問題研究所、倉敷労働科学研究所、大原農業研究所、大原美術館、孤児院などを設立。国産ビニロンの発明など数々の功績を残す。  
  参考文献検索  

[トップページに戻る]