×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
  沖電気工業創業者  
  沖牙太郎[おききばたろう]  
  (1848〜1906)  
  沖牙太郎は電気通信の将来性にいち早く着目、わが国における独自の開発を念願して官を辞し、明治14年(1881年)1月東京旧京橋区新肴町(現在の西銀座)に明工舎を創立、電気通信機器の製造販売を開始。沖電気工業の前身。  
  参考文献検索  

[トップページに戻る]