×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
  トヨタの大番頭・トヨタ中興の祖  
  石田退三[いしだたいぞう]  
  (1888〜1979)  
  1888年愛知県生まれ。1907年滋賀県立第一中学校(現・彦根東高校)卒業。 京都の河瀬家具商店、東京の市橋商店を経て、15年から名古屋に本社がある繊維問屋・服部商店に勤務。上海駐在員として豊田紡織の商品を中国や東南アジアに輸出する仕事をしている時に、豊田佐吉の知遇を得る。27年豊田紡織に移籍。監査役から取締役支配人を経て、41年「総本家」の豊田自動織機常務となり、戦後の45年に専務、48年社長に就任。折からの労働争議を解決する。 50年、経営危機に陥ったトヨタ自動車工業の社長を兼務。日本自動車産業界内でのトヨタ独走の礎を築く。 61年会長に退き、71年から相談役。79年没。享年90歳。  
  参考文献検索  

[トップページに戻る]