×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
     
  住友近代化の立役者  
  伊庭貞剛[いばていごう]  
  (1847.弘化4.2.19〜1926.T15.10.23)  
  滋賀県近江八幡の生まれ。叔父の広瀬宰平の後を継いで住友の近代化を成し遂げる。重工業化の路線をしいた。伊庭は「心の人、徳の人」で伝記「幽翁」は住友精神の糧としていまもなお読み伝えられている。  
  参考文献検索  

[トップページに戻る]